前へ
次へ

日常生活に必要不可欠な読み書きの教育

日常生活では、色々と読み書きをする機会があります。身近な例ですと、申込書です。何かの契約を結ぶなら、必ずと行って良いほど業者から申込書が発行されますから、それは慎重に目を通す必要があります。スマホの機種変更をしたり新規契約をすれば、ほぼ確実に申込書が発行されます。また申込書を読むだけでなく、書く必要もあります。契約手続きを結ぶなら、その書類に本人が自筆で色々な情報を記入する必要があります。つまり契約書のやり取りには、必ず読み書きがある訳です。何も契約だけではありません。公的な事務手続きを踏む時にも、読み書きがあります。書類を書く事になるからです。それを踏まえると、学校での教育はとても重要な役割を果たしている事だけは間違いありません。日常生活では契約書を書く機会も多いですし、読み書きができなければ困ってしまいます。しかし学校でしっかりと読み書きの教育を行っていれば、スムーズに契約できるわけです。実際、ほとんど全ての学校で漢字や読解の授業があります。

Page Top