前へ
次へ

子供に教育することの必要性を知る

日本ではほとんどの人が高校を卒業し、専門学校、大学へ進学します。しかし、高校を中退する人も昔より年々増えてきています。外国では貧困層の多くは高等教育を受けていないでしょう。全ての貧困層の人が高等教育を受けていないわけではありませんが、日本、外国でも多くの貧困層の人は高等教育を受けていないということは事実です。貧困層を脱出する第一の手段は高等教育を受けることなのです。高等教育を受けることで、会社において初任給が高くなりますし、初任給が高いとその後の給与もずっと高くなります。ですので貧困層を脱出することができます。お金がない貧困層の人はその日暮らしで学校にいくことも出来ないかもしれませんが、教育を受けないことには貧困層を抜け出すことはできません。貧困層を抜け出すには一生懸命働いてお金を貯めるという手段もありますが、教育を受ける、高等教育を受けるという考えは自分だけでなく、子供へ生かすことも出来るでしょう。

Page Top