前へ
次へ

イラストを描く楽しさを教える教育

SNSを見ていると、多くの方々はイラストなどを投稿しています。専用ソフトなどで自分で作ったイラストを、SNSに投稿している光景はよく見かけます。しかもイラストを投稿している本人としても、それを楽しんでいることも多いです。そのイラストが誰かから高く評価されて、コメント欄で褒められるケースもあり、それでイラストを描いている本人のモチベーションが高まる事例は非常に多いです。それを励みにイラストを描き続けているイラストレーターも多いですが、そもそも絵を描くのは知識は必要です。どこで絵の知識を学んでいるかと言うと、学校です。学校では必ずと言って良いほど絵具の使い方を教わりますし、色使いのポイントなどを丁寧に教えてくれる学校もあります。また曲線の黄金率まで教えている学校もありますが、それは学生に「楽しむ材料」を提供している訳です。その証拠に、多くの方々はSNSでイラストを投稿するのを楽しんでいます。少なくとも学校教育は、子供たちにイラストという楽しさを教えている事だけは間違いないでしょう。

Page Top